お知らせ
考えている女性

今の時代、男性と女性の付き合い方も気軽になっており、交際をしている中で性交渉があるのは当たり前のことになっているのです。
以前のように結婚をするまでは性交渉を控えるような時代ではなくなっています。
ですから、すぐに性交渉をして妊娠をしてしまうということになってしまう場合もあるのです。
しかし、妊娠をしては困るという人では避妊をするように気をつけなければならないのです。
特にコンドームで男性主導型の避妊をすることが多い日本ではありますが、最近では女性が自分で自分のために避妊をすることができるという避妊薬を使うようにもなっているのです。
避妊薬としては事前に計画的に妊娠をしないような体にしていく低用量のピルと事後に服用して妊娠を防ぐ緊急用の避妊薬があります。
前者については、知られるようになっているのですが、女性の生理周期を28日に固定することができるので、生理不順の人でも改善することができたり、生理痛や排卵痛などを緩和させることもできるのです。
低用量ピルというのは、ホルモン剤の入っている錠剤を服用することによって、体のホルモンバランスを整えることができるものです。
その作用によって排卵を抑制することができるのです。
ですから、卵子と精子が出会うことがないのです。
後者の中用量ピルというのは少し強いホルモン剤であって、性交渉のあとに妊娠の可能性がある場合に服用していきます。
72時間以内に服用することで効果が発揮できるといわれています。
ですから、早ければ早いほうがいいのです。
ホルモン剤を服用することで、受精卵の着床を防ぐので、妊娠をしないという仕組みになっているのです。
これらを入手するには産婦人科などを受診して出してもらうようにするといいのです。

記事一覧
薬の椀と葉

避妊薬を使う大きなメリットとしては、高い避妊効果があります。 正しく使えばほぼ100パーセントに近い...

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索