• ホーム
  • 避妊薬を使って得られるメリットとデメリット

避妊薬を使って得られるメリットとデメリット

薬の椀と葉

避妊薬を使う大きなメリットとしては、高い避妊効果があります。
正しく使えばほぼ100パーセントに近い確率で、妊娠を防ぐことができるのでとにかく妊娠は避けたいという時には非常に優秀な方法となります。
次に避妊薬はホルモンバランスを整えることができるので、生理痛を抑えることができたり、月経量を減らすことができる、生理の周期を安定させることが出来るといったメリットも有ります。
PMSの改善などにも効果があるので、避妊だけでなくこれらの治療目的に使われることもあります。
生理日をずらすことも可能なので、旅行などを計画している時にそれに被らないように生理をずらすことも出来るという利点もあります。
それでは、デメリットにはどのようなものがあるのかというと薬ですから人によって合う合わないがあるということです。
合わない人は吐き気や倦怠感が強くなってしまったり、頭痛がするといった副作用が起きることがあります。
次にお金がかかるので経済的に余裕が無い人にとっては、これも大きなデメリットとなるでしょう。
服用法をしっかり守らなければ効果がなく、飲み忘れなどをしてしまって避妊効果が無くなってしまうという危険性もあります。
正しく服用していれば、ほぼ確実に妊娠を避けることができますが避妊薬によって防ぐことが出来るのはあくまでも妊娠だけですから、性病の予防などにはつながりません。
そのため、妊娠しないからといってコンドームを着用せずに不特定多数の相手と性行為をしてしまえば、性病にかかってしまうというリスクが有ります。
避妊効果が高いことによってコンドームとつける機会が減ってしまうことにより、性病に感染しやすくなってしまうのも避妊薬のデメリットと言えます。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索
最近の投稿