• ホーム
  • 多くの女性に人気の避妊薬ランキング

多くの女性に人気の避妊薬ランキング

笑顔の女性

日本における避妊薬ランキングの一位は、「トリキュラー」です。
トリキュラーは3相性ピルで、女性ホルモンの自然な変化に合わせて成分が3段階に変化します。
そのため、子宮内膜が安定して、不正出血が少ないという特徴があります。
ただし、錠剤が3種類あり(28錠タイプでは偽薬も含めると4種類)、順番を間違わないように注意する必要があります。
避妊効果の他、女性ホルモン不足やホルモンバランスの乱れによる諸症状の改善、生理不順の改善、生理痛の軽減、PMSの改善などの副効能があります。
トリキュラーを安く購入する方法としては、個人輸入通販サイトでのまとめ買いがあります。
続いて二位は、1相性ピルの「マーベロン」で、他の経口避妊薬よりホルモン量が少ないため、体重の変化やニキビの発生などが少ないのが特徴です。
ニキビの治療薬として、皮膚科で処方されることもあります。
男性ホルモン作用が少なく、ニキビの他、多毛症にも効果があります。
ランキング三位は、第4世代の「ヤスミン」です。
使われている黄体ホルモン剤が、体内にある黄体ホルモンと似た成分です。
そのため、他の低用量ピルの服用で起こる、ホルモンバランスの変化による体重の増加やニキビ、むくみなどを改善できるとされています。
更年期障害の治療にも効果があります。
ランキングの四位は「ダイアン」です。
ダイアンは、小柄なアジア人に合わせて作られており、男性ホルモン作用がないことが特徴です。
避妊目的以外に、ニキビ、男性型多毛症、抜け毛など、女性における男性ホルモンによる疾病の治療にも使われています。
副効能として、更年期障害の軽減やバストアップ効果、アンチエイジング効果などもあります。
いずれも、1シート21錠タイプのものは、1シートを飲み終えたら7日間の休薬期間をとります。
28錠タイプのものは、1シート完了後はすぐに2シート目を飲み始めます。

関連記事
人気記事一覧